女性ネットワークエンジニアのおふれこ話

モチベーションを維持してフリーランスとしての成功を掴もう!

女性のネットワークエンジニアでフリーランスになるには

フリーランスになるために絶対にしなければならないこと、というのは実はありません。「開業届を提出しなくても良いの?」と疑問に思う方もいるでしょうが、提出しなくてもフリーランスとして活動することはできます。フリーランスになると決め、仕事を始めたらもうあなたはフリーランスなのです。そうは言っても開業届を提出することで青色申告ができるようになる、屋号付きの口座を開設できるなどのメリットがあるため、できれば提出することをオススメします。

女性のネットワークエンジニアでフリーランスになるには

今後のキャリアプランを考える

フリーランスになるのは簡単ですが、フリーランスとして成功するのは容易ではありません。自分で自由に決められる分モチベーションに左右されやすく、成功する前に辞めてしまう方もいるのです。そこでそうならないためにもキャリアプランを考えてみましょう。これからの将来についてしっかりと考え実行することで、ただ働くのではなく自分らしい働き方を手に入れることができます。それにより人生に張りを持たせることができ、モチベーションの維持にも繋がるはずです。まずは自分がどう働きたいのか考えてみてください。たとえばワークライフバランスを重視したい、好きな時間や場所で働きたい、長く働き続けたいなど、簡単な理想で構いません。思い描けたならば、次はその理想を叶えられる環境を探しましょう。

働きやすいと思える環境を探そう

仕事の探し方としては、フリーエンジニアサイトの利用が一般化してきています。実際、自分で営業するより安定して案件を獲得することが可能です。またフリーエンジニアサイトの中には女性であることを考慮し、夜勤がない案件や夜勤の日数を調整できる案件など、親身になって相談に乗ってくれるところもあります。そのためフリーエンジニアサイトに登録するときはしっかりと情報を集め、吟味することが大切です。

オススメのフリーエンジニアサイト

具体的にどのようなサイトがあるのか、オススメのフリーエンジニアサイトを3つ紹介します。


ジョブリーフリーランス インフラ関係に強いコーディネーターが多く在籍しているジョブフリーランスは、現場のリアルな声を提供できることを強みとしています。現場の雰囲気をはじめ、実際に行ってみないとわからないことも知ることが可能です。

レバテックフリーランス 幅広く案件を保有しているレバテックフリーランス。中でも特にインフラ関係の案件が多いサイトです。万全のフォロー体制を強みとしており、顔合わせの事前説明や契約書の作成サポートなどを受けることができます。

案件@ナビ

案件@ナビは契約内容のオープン化を大切にしているサイトです。エンジニアの希望を尊重してくれるため、案件金額をはじめ納得できるまでじっくりと契約内容を相談できるという魅力があります。

Copyright © 2015 女性ネットワークエンジニアのおふれこ話 All Rights Reserved.