女性ネットワークエンジニアのおふれこ話

興味はあるけど、ネットワークエンジニアってどんな仕事をするの?

ネットワークエンジニアって?

ネットワークエンジニアとは、コンピュータシステムのネットワーク部分を担当するネットワークの専門家です。簡単にいえば、パソコンやサーバなどの各種端末が相互に通信できるようにするための仕組みをつくり、管理するのが仕事です。ネットワークはシステム開発の土台部分で、ネットワーク技術は大小の差こそあっても必ず必要となる技術です。ネットワークエンジニアは、ネットワーク自体の知識とスキルだけでなく、ネットワークの上で動くシステムを理解するための知識も必要になります。

ネットワークエンジニアって?

ネットワークエンジニアのお仕事内容って?

ネットワークエンジニアのお仕事内容って?

ネットワークエンジニアの仕事は、設計、構築、運用管理、保守に分けることができます。初めてシステムを導入する場合など、クライアントの要望に合った設計を行い、その設計に従ってネットワークを構築します。現場仕事になるため当初の依頼とは異なる環境下での作業になる場合も少なくありませんが、ネットワークエンジニアが数人でチームを組んで構築に当たるのが通常であり、トラブル解消もスケジュール期限内に収めなければなりません。クライアントが運用を始めれば、その運用によって生じる様々な不具合に対処します。もちろん機器が故障する場合もあり、障害をいち早く特定して復旧させなければなりません。

ネットワークエンジニアにはどんなスキルが必要?

ネットワークエンジニアにはどんなスキルが必要?

ネットワークエンジニアには、まず第一にネットワーク技術に関するスキルと、コンピュータに関するスキルが求められます。そして開発プロジェクトの現場には、ネットワークエンジニア以外にも様々な人が関わっているのであり、工程管理上も円滑なコミュニケーションが求められます。またネットワークはシステムを動かすためになくてはならぬものであって、その全体を俯瞰して見ることも大切です。トラブルがあればとりあえず原因究明のためにネットワークエンジニアが調べることも多いため、動作の正常時と異常時を比較して確認するなどの必要があります。

ネットワークエンジニアのキャリアパスって?

ネットワークエンジニアのキャリアパスって?

ネットワークエンジニアには最低限理系の素養は必要ですが、未経験でもキャリア系として自社内で教育しようというネットワーク・通信インフラ系企業が採用する例も少なくありません。もっとも社内ネットワークエンジニアの場合にはネットワークの運用経験は必要ですし、ネットワークコンサルタントの場合にはインフラに近い経験が求められます。ネットワークエンジニアは一般的に下流工程である監視運用において実績を積んで、やがて設計や構築を任せられるに至れば一人前で、高いコミュニケーション能力が求められる一方、年収も上がります。その後はマネジメントへシフトする人もいれば、セキュリティ系で活躍する人もいます。

女性のネットワークエンジニアでフリーランスになるには

女性のネットワークエンジニアでフリーランスになるには

実はフリーランスになるのは簡単です。フリーランスになると決めて活動を始めるだけでなることができます。しかしその後、成功するかは人によって大きく変わります。基本的に自分で自由に決められることはフリーランスのメリットですが、逆にモチベーションに左右されやすいというデメリットもあります。そこで高いモチベーションを維持するためにも、まずはキャリアプランを立てて自分らしい働き方を手に入れましょう。

Copyright © 2015 女性ネットワークエンジニアのおふれこ話 All Rights Reserved.